LASSEN INFO:エコロジー ラッセン


LASSEN INFO:エコロジー ラッセン

海の生命を守るために今、自分ができることをしたい。

Chapter03.海という生命が帰る場所を、人間が無くしてはいけない

Chapter03.海という生命が帰る場所を、人間が無くしてはいけない

私にとっての原点、それにはやはり海について語らないわけにはいかないでしょうね。

私は一日として同じではない、変化に富んだ美しさを見せてくれる海を目の前にして、自分はこの海を描く為に生れてきたんだ、という思いで身体中を満たされた経験が幾度かあります。それはたとえば、海を染める夕日のオレンジ色の光を砂浜から見つめた時であったり、月光を反射してきらめく波頭に魅せられた時であり、海の中で魚やイルカたちと戯れながら、光あふれる青の世界に包まれた時でした。 私にとって海と共に過ごす時間はかけがえのないものであり、同時にそれは私が世界中の人々に何とかして伝えたい幸福な瞬間でもありました。この海の美しさを誰かに伝えたい、描き残したいという芸術的な衝動が、私の創作の原点ともいえるのです。自らが体験した自然を、感動し描かずにはいられなかった大自然の美しさを、子孫に残す、未来の人々に残す、それは私に与えられた使命なのです。

もちろん今の私は、海だけではなく多くの動物や風景、そして自らのイマジネーションに幅広く創作のテーマを得ています。新たなるチャレンジも続けています。しかしそれは別の観点からみれば、自分の中に海という確固たるものがあるから、海という創作の原点があるからこそできる挑戦であり冒険なのです。

私はサーフィンやスキューバーダイビング、そして絵を描くために多くの時間を海と過ごしました。海は自然に私の絵の主題になり、海の素晴らしさをとらえる努力を私は積み重ねました。私の人生は、海から得るものが非常に大きなウエイトを占めています。私は計り知れないほどの大きな恩恵を海から与えられています。だからこそ私は、自らのアートによって海の大切さ、環境の大切さ、そこに生きる生命の重要性をメッセージにしたいのです。



Event Schedule


2017/4
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Event Schedule


2017/5
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ラッセンアートな世界



Present


  • 来場プレゼント引換券をもって、イベントに来場してくださった方へもれなくラッセンオリジナルポスターをプレゼント!
    ※写真はイメージです
    詳しくはこちら